No.045-0187

こんどう ふみたか
近藤 文隆
, , ,

ファッションからあなたが本当になりたい未来を叶える!

未婚の方はとってもステキな男性から一目惚れされる女性へ!
既婚の方はご主人から瞬く間に惚れ直される女性へ!
そんなステキな女性へとあなたをエスコート
誰よりも近くにあなただけのコン(kon)シェルジュ

noimage

『ファッションからあなたが本当になりたい未来を叶える!』

未婚の方はとってもステキな男性から一目惚れされる!
既婚の方はご主人に瞬く間に惚れ直される!

そんなステキな女性へとあなたをエスコート

誰よりも近くにあなただけのコン(kon)シェルジュ

コーチングのスキルを活用しつつ、自己肯定感(自己重要感)、セルフイメージを高め、あなたを一目惚れされるステキな女性へとエスコートします!

これまで多くの方のファッションフォローをさせて頂く中で、気付いた事があります。

それは、ファッションも人生も同じで、本当の自分と向き合っていないと言う事。

また誰かの目を気にして、誰かに影響されて、描きたい未来も諦めて、当たり障りの無いファッションや人生を送っていると言う事。

与えられた窮屈な枠や役割に従って、自分の強み、価値、自分らしさ、存在意義も分からない、そんな自分は息苦しくありませんか?

自分の価値って何だろう?

自分の良さって何だろう?

私って何だろう?

何の為に働き、生きているのだろう?

気が付けば、誰かの目が気になって、誰かに影響されて、気が付けば当たり障りのない人生、ファッションをしていませんか?

窮屈な枠や与えられた役割のままの人生で、あなたは本当に良いですか?

自分らしさ、自分の良さ、価値も分からない。存在意義も分からない。

ただ毎日に流され、右ならえや、心を失わせる学校や社会で生きていて、考える事すら忘れた量産型ロボット、そんな自分、息苦しくはありませんか?

本当のあなたは何処へ行ったの?

子供の頃の様な、純粋で無垢で、何でも出来ると信じていたあなた。

自分がしたい事をして、自分が本当に着たい洋服を着て、いつも心の底からワクワクしていたあなた。

社会、教育、はたまた結婚観に至るまで、「聞き分けの良い、当たり障りない、心の無い量産型ロボット」を生み出すシステムに囲まれて育った私達は、いつしか大空を羽ばたく翼をもがれ、考える頭を失い、まるで飼育箱に入れられ家畜化され、狭い檻に入れられて、ただ卵を産むだけの鶏(ブロイラー)になっています。

かく言う私もその代表のような世界(国家公務員)を選択し生きて来ました。

そして気が付けば、悩み苦しみ数年に一度、必ず思い詰めて血を吐く、そんな地獄のループで生きていました。

いつも仕事帰りには、「誰かこの地獄の鎖を外してくれ!頼む!」と言いながら毎日帰っていました。

自分にはそれしか出来ない、その世界でしか生きる事が出来ないと思いこんで…。

無理やり自分を枠にはめて、いや!その枠をはめた事すら気が付かないで生きているのです。

だから辛いのです!苦しいのです!悩むのです!

そして誰よりもそんな自分が悲しいのです。

人生は一度きりしかありません。

そしてあなたの代わりは、他の誰でもありません。

あなただけの人生です。

最後にもう一度言います。

本当に今のままで良いと、心の底から言えますか?

鏡を見て言えますか?

「今の自分って、本当に自分らしい、輝いているって!!!」

誰しも行動を起こすのは勇気が要ります。

「でもあなたしか、自分に繋がれた(自分で繋いだ)鎖を外す事は出来ないんです!!!」

今こそ、いや今から変わるんです!

今変わらなくて、いつ変わるのですか!

誰の人生でもない、世界でたった1人、あなたの人生だから。

家庭環境がぐちゃぐちゃで、長年悩みに悩んで苦しんで、血を吐き病気を沢山してどん底を味わったからこそ、「過去を乗り越えた知識、知恵、経験、そして何より大切なマインドで、同じように苦しみ悩む人を救いたい」のです。

全身全霊で、勇気あるあなたを受け止め、あなたと一緒に眠っている「価値と言う名のダイヤモンド」を見出し、眩いくらい光輝かせるのです。そうキラキラッに!

内面もファッションもキラキラに!

一緒に心の底から笑いましょうよ!

そして全身で感じましょうよ!

「ああっ生きてて良かった!」「生きてるってこう言う事なんだ!」

「見るもの、感じるもの、全てが違う、本当に自分らしいって素晴らしいって!」

勇気あるあなたを待っています。

それだけの眩い光り輝くダイヤモンドを持つあなたの事を。

Area

主に目黒、恵比寿、白金台、広尾、ほか港区、目黒区、渋谷区、千代田区

Theme

ファッションから本当になりたい未来を叶え、一目惚れされるあなたに!

Biography
1989〜2018財務省東京税関に入関

長年成田空港、羽田空港などで勤務を行うが、「一体誰の為に働いているのか」「誰の幸せの為に働いているのか」

組織の歯車として、国と言う大きな中で、ただひたすら命令を遂行する意思のないロボットを強要され、悩み苦しむ。

見えない人の為に働くよりも、目の前の人が喜び、笑顔になる瞬間に立ち会える事が、自分にとって何よりの喜びであり、最高の瞬間であると気付く。

気付いてしまったが故に、ロボットになる事なく自分を保ったが故に、遂に心と体を壊して退職
1998〜本当の自分、ありのままの自分、描きたい未来を考え、在りたい姿を示す為に、全ての服を捨てて、一から独学でファッションスタイリングを学ぶ

同時に、アパレル商品の輸入通関審査を10年以上担当した経験から、関税分類、税率を決定する要素である素材辞典などアパレル商品の商品学(素材、構造、縫製、価格構成)を仕事の傍ら極める。

仕事で得た知識と独学で学んだものを組みあわせ、自らでセルフスタイリングしながら、男性のみならず女性ファッションについても学ぶ。

またブランドに関する知的財産調査官として、多くの有名ブランドとの真贋の機密情報交換と関係性を構築して、有名ブランドの本当の価値を知る。
2017〜その後ご縁で繋がった著名なファッションスタイリストの先生に師事

2019、コーチングと出会い、今まで長年悩み苦しんだ事、乗り越えた事は、自分にとって掛け替えない価値であると気付く。
それは自分だけでなく、これから出会う人にとっても、掛け替えのない価値を提供出来る事知り、コーチ/メンターとして活動することを決断。