No.020-0071

ふるた みつる
古田 充
,

次のビジョンに自信と確信を。
理想の未来に向けて走り出すあなたを支える。

会社の成長のために全力で走り続け業績も安定。
でも最近は停滞気味で次の手を打ちたいけど手詰り状態。
物づくりに愛情と情熱を注ぐ若手経営者のあなたへ。

noimage

こんな症状に思い当たることはありませんか。

 

【症状】

・業績は安定しているが、最近、停滞感、閉塞感を感じる

・次のステージに向けて走りたいけど全力で走り出せない

・社員への指示に自信が持てず不安になることがある

・社員のモチベーションが低下しマンネリ化している

 

もし少しでも思い当たるとしたら、それは「ビジョン」に原因があるのかもしれません。

「ビジョンは定めていて共有もしているし問題ないはず」。そう思われたかもしれませんが、少しお待ちください。

ここでのビジョンは単に目標設定だけではなく、「感情が揺さぶられて突き動かされる」ことを意味します。

そのようなビジョンを持てば冒頭の症状は改善され、社員一同、自然に次のステージに進むことでしょう。

 

「本当にそんなビジョンを作ることができるの?」

そう思われるかもしれませんがご安心ください。正しい治療方法で進めれば誰でも持つことが可能です。

ここでは、私がご提案する治療方法の一例をご紹介させて頂きます。

 

【治療方法(一例)】

・自己分析、自社分析を徹底的に深く行う

・本当に得たい理想の未来を明らかにする

・ミッションを明確にする

・ビジョンを定める

・社員とミッションとビジョンを共有しベクトルを合わせる

 

肝はミッションを明確にすることとそれまでの過程です。

ミッションが明確になればビジョンは自ずと定まります。

やることはシンプルなので、自分でできるという方はご自身で取り組んで頂くのも良いと思います。

しかし、「自分だけでは難しいな」と感じた方へのお勧めがあります。それがこの体験セッションです。

 

【体験セッション】

体験セッションは「医師に診察をしてもらう」ことに似ています。

体調が悪くなった時、症状を医師に詳しく伝え、それを基に医師は診断し、病気に合った薬を処方します。

また、診てもらったら、風邪と思っていたけど喘息だった、ということもあるかもしれません。

似た症状でも根本原因が異なると治療方法も異なるため、症状の確認はとても重要です。

そのため診察と同様に、体験セッションでは問診(悩み、価値観の深掘り)を重点的に行います。

そしてそれを基に診断(根本原因の明確化、本当に得たい未来の明確化)し、治療方針(方向性の明確化)をお伝えさせて頂きます。

なお、多角的な視点から質問・分析し根本原因を明らかにしていくため、ビジョン以外の原因が見つかるかもしれません。あなたに合った問診を通し、治療方針を探っていきます。

このように、第三者と関わることで1人では見えないことを明確にすることができます。特に、下記の様な方は効果がより期待できますので、前向きにご検討ください。

 

【高い効果が期待できる方】

・真面目で不器用な方

・前向きで何とかしようと思っている方

・「まずやってみよう」という行動的な方

・仕事に愛情と情熱を持っている方

 

逆に、下記の様な方は効果があまり期待できないと思います。

 

【効果があまり期待できない方】

・人任せで行動しない方

・後ろ向きで批判的な方

・依存体質な方

 

【ご挨拶】

ご挨拶が大変遅くなりました。私、古田 充(ふるた みつる)と申します。

「物づくりに愛情と情熱を注ぐ 若手経営者」のコーチをしています。

この度は数ある情報の中から私の手紙をお読み頂きまして、誠にありがとうございます。このような出会いも何かのご縁。このご縁を大切にしていきたいと思います。

ここまでお読み頂き、なぜ私がこのようなコーチングをやっているのか、疑問を持たれているかもしれません。

そこで、なぜ私がこのコーチングを行うに至ったのか、その経緯をお伝えしたいと思いますので、少々お付き合いを頂ければと思います。

 

〈原点その1 ~物づくり~〉

私は物づくりが大好きです。その原点は父の仕事です。

父は下町の町工場で働いていて、幼少の頃に何度か工場に連れられたことがあります。父はプレス機を使い、車、エアコンなどの様々な部品を作っていました。

声が聞こえない程のプレス機の音、充満する油の匂い、油と汗で汚れた作業着で働く父の姿をはっきりと覚えています。

この影響から、「働く=工場」、「仕事=物づくり」ということが私の頭の片隅に常に残るようになりました。

また、父は手先が器用で日曜大工や家の簡単な修理などは自分でやっていました。その影響で私も物を作ることが大好きで、熱中すると休むことなく延々と作り続けていました。形にすることが大好きで楽しくて仕方ありませんでした。

その影響からか、代々受け継がれる伝統工芸、独自の技術力を持つ町工場、それを支える職人さん達によく目が留まります。

物づくりには「日本人の心・魂・誇り」が凝縮されており、未来を切り開くものである、と思っています。

私の信条の一つに、「良い物は正当に評価され報酬を得るべき」というものがあります。製品、技術の素晴らしさや魅力をさらに引き出し世の中に広め正当に評価される。そんな関わりを持てればこの上ない幸せです。

 

〈原点その2 ~コーチングと経営者~〉

今から15年ほど前、中小企業診断士資格試験にコーチングがあり、強い興味を持ちました(自分がコーチングをされたいと求めていたからだと、後に気付きました)。

それから10年以上経過した昨年、縁あってコーチングを学ぶ機会があり、コーチングに対する熱い思いが芽生え始めました。

30歳の頃、コンサルタントに興味を持ちコンサルティング会社に転職しました。私の理想は「経営者に寄り添うコンサルタント」でした。しかし、現実は営業色が強く実現することは困難でした。

そこで、今すぐでなくとも、いつかその目標を果たすことを目指し、事業会社で経験を積む道を選びました。そして月日は流れていきました。

 

〈「いつか」を「今」に〉

「物づくり」、「コーチング」、「経営者」。

10年以上前から関心がありながら、「いつか」と先延ばしにしてきました。

「いつか」は「いつか」のまま。「いつか」を「今」に変えられのは自分だけ。

頭ではわかっているけど踏み出せない。

そんな私を助けてくれたのは「コーチング」でした。

自分の本心に耳を傾け、素直に受け入れることができました。

その結果トントン拍子で会社を辞め、コーチとして独立することができました。

「いつか」を「今」に変えることができました。

 

紆余曲折ありましたが、今のためにこれまでがあり、「これまでの経験」が「これからの力」になっていくのだと信じています。

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

このご縁が少しでもあなたの変化の切っ掛けになれれば、この上ない喜びです。

Area

東京を中心とした関東エリア

Theme

次のビジョンに自信と確信を。理想の未来に向けて走り出すあなたを支える。

Biography
1976年4月 愛知県生まれ、三重県育ち

大学卒業後、製薬企業に入社しMRとして活動。
優秀賞を受賞するなど上位の成績を残すもやりがいや将来性を見出せず、「人生をかけて心から楽しめる仕事」を求め転職を決意。

コンサルティング会社、医療機器メーカー、医療系広告代理店など、主に医療業界にて経験を重ねるも求める仕事には出会えず、気が付けば15年という時の経過と6回の転職という現実。
さらにその間、父の死、離婚、自宅売却、パワハラなど悪循環は後を絶たず。

そんなある時、「おまえがいるべき場所はそこではない」、そんなお告げが届き、突き動かされる。
(後になり、お告げではなく、セルフ・コーチングによる「自分の心の声」に気付いたのだと判明)

その言葉に従い即行動し、間もなく会社を辞めコーチとして独立。

現在、「若手経営者」、中でも「物づくりに愛情と情熱を注ぐ若手経営者」の方を対象にコーチングを行っている。

【コンセプト】
「次のビジョンに自信と確信を。理想の未来に向けて走り出すあなたを支える」