「ポコチェ4月号」に今度は見開き2ページで掲載決定!パートナーさんもドキドキの初取材

2019.3.4更新

冷たい雨が降る平成最後のひな祭りの日。ちょうど30期のコーチングスクールの2日目にあたる3月3日にポコチェの取材が入りました。

http://www.pococe.com/

前回は代表の高野のみの掲載でしたが、今回はなんと堂々の見開き2ページの枠。一気に4倍です。

確かに、クリエスティヴの良さを伝えようとしようとしたら、2分の1ページでは小さかったと言う声もあり、今回は高野の他にもパートナーさんにご登場頂くことになりました。

東京で働く女子向けのハイクオリティなフリーマガジンのポコチェは「ちょっと幸せ」がコンセプト。「自分らしく生きる」ことを後押しするクリエスティヴとは相性も抜群。期待値が高まります。

こちらは元・読者モデルでもある須賀さおりさんの取材の様子です。

「大丈夫!写真は撮られ慣れているから」と余裕の対応。

彼女は若い時は持ち前の美貌で芸能界やモデルとして活躍されたけれど、子育てのために一旦は表舞台から降りた方。

そして、子供も大きくなったので、再び社会復帰を目指し起業したところ、集客で苦戦して悩みの沼にはまっている時にクリエスティヴと出会いセミナージプシーから卒業した下りは胸が熱くなりました。

現在はセルフマツエクのパイオニアとしてその普及に尽力し、インストラクター育成事業にも力を入れているビジネスウーマンです。

そして、こちらは周りの空気を包み込むふんわりとした印象が魅力的な熊倉由紀子さんの取材風景。

音大出身でドイツ留学の経験もある熊倉さんはその昔、お家の中で仕事をすること(自宅ピアノ教室)に憧れる反面、家族と仕事の板挟みに抵抗を感じ、「自分が本当にしたい事ってなんだろう?」と、悩み続けた過去があります。

そんな時にたまたま目にしたクリエスティヴの講座に飛び込んで、今では自宅ピアノ教室を運営しつつクリエスティヴのコーチとしても活躍するマルチな才能を開花させた1人です。

「緊張しちゃう!」と、言いながらも楽しそうにインタビューに応じる姿はなかなかのもの。

やはり、ピアノの先生だけあって、発表会やステージなど、実は人前に立つことも全然OKな熊倉さんの新たな魅力を発見しました。

豊洲に移りさらに成長進化が止まらないクリエスティヴ。

ラジオにフリーマガジンにどんどんパートナーさん達に出演して頂き、「ライフコーチ」と言う概念を広め、悩める人々を救い、少しでも生きやすい世の中にする一助になれましたら嬉しい限りです。

4月号のポコチェからも目が離せません。

またセミナー中にも関わらず、撮影にご協力頂いた30期の皆様にも感謝です。シャッター音が響くなか、それでも学びを深める姿には感動でした。

ポコチェ編集部の方からも「ここに集まる方々は明るいと言うか、オーラが良い感じでみんなキラキラしていますね」と、嬉しいコメントも頂きました。

今後共クリエスティヴはパートナーさんを後押しし、コーチングの価値や意義を発信していく所存です。

最新号のポコチェは3月25日に大江戸線や浅草線、三田線、新宿線など。豊洲から近いところですと大門駅構内のスタンドに置いてあります。

4月号の表紙を飾る旬な女優さんは果たして誰か?また、新しい情報が入りましたら随時こちらからご報告していきたいと思います。

ポコチェもクリエスティヴも目が離せません。