グリーンフィールド 代表
中村 仁美 様

どんなに頑張っても、自分の未来が見えていた会社員生活。

やりたいことがわからず、何ができるかわからず、何を始めていいのかもわからないまま、一年、また一年と過ぎていき、自分の未来に対する漠然とした不安は年々大きくなる一方でした。

そして、悪いスパイラルは重なるものなのか、同じような時期に、プライベートにおいても、会社においても、十年来の私の大事な人や仲間たちとの突然の別れを経験することになります。
この出来事は、私の人生観や人間関係の築き方が根底から否定されるような、そんな大きな深い闇となり、長い間私をとらえました。

そんな時、出会ったのがハーブです。

疲弊しカサついた心と体にハーブがスッと入ってきて、ハーブとは何だろう?どうして植物にこんな力があるんだろう?と学校へ通いハーブの勉強を始めました。
そうすると、ハーブというのが漠然としたものではなく医療の現場でも利用される何千年もの歴史を持つ列記とした伝統医療であることを知り、今までのハーブのイメージがガラリと覆ることになります。

その後、ハーブの世界をもっと知ってもらいたいと、ハーブティのカフェを開くことになるのですが、ものの見事に返り討ちされ現実を突き付けられました。

経験不足、準備不足が露呈し、店は数年も経たず閉めることになりました。”起業する”ということ、起業するまでに”どんな準備が必要なのか”を全くわかっていなかったことを痛感し、どうしたらいいのか、自分の店を持つ夢をあきらめた方が良いのか、と思い巡らせているとき、たまたま高野先生の講座に出会い、もしかしたら何か糸口が見つかるかもしれない、というわずかな期待で体験セッションを受講しました。

しかし、先生と話しをしているうちに、不思議と自分の理想とする未来が見え始め、ハーブティーでたくさんの方の健康不安を取り除き、そして癒すことに喜びと生きがいを感じている自分に気づいたのです。

先生はこれをビジネスとして組み立て、半年で月収50万円を達成できる!と自信満々におっしゃってくださいました。以前のカフェ経営の時のこともあり、初めはまさか・・・と思いましたが、内心でとてもワクワクしている自分に、本当は気づいていたのです。

もちろん、最初はワクワクだだけではありませんでした。決断した後も不安と懐疑心も抱きながら、まずはビジネスプランを立て、形にしていく、ということからスタートしました。
しかし、セッションの回数を重ねるごとに、高野先生の、こちらの意見を絶対に否定しない、物腰柔らかで、かつ的確なアドバイスを通し、私にとってどれほど、ビジネスにおけるアドバイザーが必要だったか、そして助けになったかを痛感しました。形になっていなかったものが形になり始め、纏まっていなかった頭の中がまとまり、そして、物事がスピーディに進み始めました。

今では、おかげさまで、それぞの方の体質、症状に合わせたパーソナルブレンドを専門とするネット販売という形で、多くの愛用者にも恵まれ、「本当になりたかった自分、生きたかった自分」を生きていることに喜びと感謝でいっぱいです。